どういうところで仕事があるか

薬剤師と言えば、薬に関係する仕事というのは誰もが知っている事です。
とはいえ、一言で「薬剤師」と言っても、その仕事場所によってその仕事の内容もかなり変わってきます。

まずよく見かけるのが病院の中の院内薬局です。
病院では診察の時に薬を処方される事があり、その処方箋にしたがって薬を患者さんに出したり、薬に関しての説明などを行う必要があります。
総合病院や開業医など色々なところで仕事があるので、病院で働きたいと思っている人はそれに関する薬剤師求人を探す必要があるのです。

また、調剤薬局でも仕事をしている様子をよく見かけます。
調剤薬局は大体病院の隣、もしくはかなり近い所に建っていて、そこに処方箋を持っていくと病院で言われた薬を出してもらう事ができる場所です。
院内薬局がない病院が増えてきているので、そういう場合はここで薬を出してもらう必要があります。
ここでの仕事も院内薬局と同じ様な事をしています。

あとは、ドラッグストアでも薬剤師は仕事をしていて、白い上着とかを着ているのを見る事も結構あるものです。
ドラッグストアの場合、調剤薬局が併設されている時はそこでも仕事をするし、また市販薬に関して説明をするのもその仕事とっなっています。
また、ここでの仕事は薬に関する事だけでなく、レジ対応をする必要もあるので、接客をしたいと思っている人であればここで働くのもお勧めといえます。

もう一つは製薬会社での仕事です。
新薬の研究開発などの仕事もありますが、MR業務もあるので一言で製薬会社と言っても色々な仕事をする事ができるようになっています。
新薬開発のみが仕事だと思ってその仕事を選んだ場合、もしかしたら違う仕事をする事になるかもしれないという事は知っておく方が無難です。

このように、薬剤師の仕事はその場所によって様々な内容に変わってきます。
従って、自分がどういう仕事をしたいか、それによってどこの薬剤師求人を探すかが変わるのです。


コメントは受け付けていません。