薬剤師求人と社宅

社宅と言えば、結構な広さの部屋なのに敷金・礼金も必要なく、また月々の家賃も安くて済むので結構人気があります。
また、会社によってはその会社独自の社宅ではなくて、一般のマンションを社員に借りさせて、そのお金の一部を負担するみたいな場合もあり、結構そこに住んでいる人はいるのです。
住む事ができる年数が7年とか決まっている会社もあるので、その場合はその期間内しかそこに住む事はできませんが、その間に浮いた家賃を貯めてマイホームを買ったりする人も結構いたりします。
また一般的には社宅から勤め先まではそれほど遠いわけではないので、そこで暮らすと通勤も楽になる人が多くいます。
ただ、社宅は入居する条件などもあるので、その条件に合っていない人は残念ながらそこで暮らす事は出来ません。

さて、色々な理由から人気がある社宅ですが、薬剤師として仕事をするうえでも、そこで暮らす事はできるのでしょうか。

実は、探してみるとそういうところはあります。
勿論、全ての薬剤師求人が社宅とか寮が付いているかと言ったら、当たり前ですがそうではありません。
しかし、結構そういう感じで社宅が付いているところはあり、それを望んでいる人はまずはその条件で色々と探してみるのがオススメです。

ちなみに、社宅とか住宅手当、住宅補助と言ったものがある薬剤師求人を行っているところは、一般的には大手と呼ばれるところが多くあります。
従って、チェーン展開しているような薬局や調剤薬局であれば社宅がある場合も結構ありますが、小ぢんまりと経営しているところはそれがないと考える方が妥当です。
だから、個人経営の所を探している人は、社宅付きを見つける事は結構難しいかもしれません。
しかし、薬剤師として仕事をする事が出来て、なおかつ社宅付きであればOK、なんていう人はチェーン展開しているドラッグストアなど色々と社宅付きの条件の良い求人もあるので、そういうところで探すのもお勧めです。


コメントは受け付けていません。